【228ページを1分43秒で解説】『読書は「アウトプット」が99%』の3つのポイント

藤井孝一さんの著書、読書は「アウトプット」が99%について解説します。
この記事は、約3分で読むことができます。
(1468 853文字、目安:1分で500文字)
※↑2020/1/18 更新 (リンクのURLの文字数までカウントしてました)

『読書は「アウトプット」が99%』の3つのポイント

本書のポイントは以下の3つです。

  • 本の要約をする
  • 行動(アウトプット)をする
  • 速読よりも乱読する

本の要約をする

本の中で一番重要なことを探します。
Twitter(140文字)で本の説明をするイメージで、ポイントを絞り込みます。
他人に簡潔に伝えるため、徹底的に無駄をそぎ落とします。

この本の場合『本で学んだことを行動(アウトプット)する』が※最も重要な内容です。
※個人的な見解です。

行動(アウトプット)をする

本を読んだだけで終わらせてはいけません。
本から学んだことを一つでいいからすぐ行動(アウトプット)しましょう。
行動なしに成功はありえません。

行動することが最強のアウトプットです。

要約したポイントを実行するとよいでしょう。

速読よりも乱読する

とにかく沢山本を読みましょう。

同ジャンルの本であれば、より深い学びを得ることが出来ます。
違うジャンルの本であれば、視野や学びを広げることができます。

また視野・学びが広がることで、全体を俯瞰する力や発送力を鍛えることができます。

まとめ

藤井孝一さんの著書、読書は「アウトプット」が99%の3つのポイントについて解説しました。

解説にあたり、下記を実行しています。

  • 要約する…3分で読める文字数(1468文字)でまとめる
  • 行動(アウトプット)する…本の解説記事を書く
  • 速読よりも乱読する…同ジャンルの本を読んでより深い知識をもとに執筆

なお3分で読める文字数にまとめたため、具体例などは省略しています。
また、もとの内容から少し飛躍している箇所もあります。

本書の内容を精確に理解したい方は、実際の本を読んでみてください。