【5分以内で本の解説!】『知識を操る超読書術』の3つのポイント

メンタリストDaiGoさんの著書、知識を操る超読書術について解説します。

この記事は、1分52秒で読むことができます。
(全933文字、目安:1分で500文字)

『知識を操る超読書術』の3のポイント

この本のポイントは以下の3つです。

  • 読む目的を決める
  • 拾い読みをする
  • 適度に休憩をする

順番に解説します。

読む目的を決める

本を読む前に、本を読む目的をハッキリさせましょう。
読書から得られる情報の密度を濃くすることができます。

「なぜ、この本を読もうと思ったのか(理由)」
「何を学びたいのか(目的)」
「読んだ後、どうなりたいのか(未来)」

読む前にこれらを紙などに箇条書きで書いておきます。
集中力がなくなった時などに紙を見返すことで、本を読むモチベーションが回復します。

拾い読みをする

読む目的に沿って、必要なところだけ拾って読みましょう。

読むべきところは、本の表紙や目次に目を通して探します。
読む箇所を減らすことで、早く読むことが出来るようになります。

気になる章の、太字部や下線部を拾い読むことも効果的です。

適度に休憩をする

本を一度に読み切らず、時には休憩をはさみましょう。

読書と読書の間に睡眠をはさむことで、記憶の定着率が50%も向上します。
寝る前の読書、オススメです。

また、目を閉じて数分休憩するだけでも10%も記憶の定着率が上がります。
速読が出来ても、読んだ中身をすぐ忘れてしまってはもったいないです。

急がば回れ

脳に疲労を感じたら、すぐに休憩をとるようにしましょう。

まとめ

メンタリストDaiGoさんの著書、知識を操る超読書術について解説しました。
ポイントは以下の3つです。

  • 読む目的を決める…読む目的、読む理由をハッキリさせてから読む
  • 拾い読みをする…スキミングで必要なところだけ読む
  • 適度に休憩をする…適度な脳の休息が記録の定着率を上げる

これを上から順番に行うことで、短時間で記憶に残る読書が出来ます。
記憶に定着した知識をアウトプットすれば、更に深い学びにすることも出来ます。

以前書いた本の解説記事でも、読書の学びを実行することが最大のアウトプットという結論でした。
本を読んですぐに行動して、知識の最大化を目指しましょう。

本書の内容を精確に理解したい方は、実際の本も読んでみてください。