【日興フロッギー】新年も変わらず好調(+8.73%)【R3年1月の運用成績】

R2年8月から開始した日興フロッギー
R3年1月分の運用成績を公開します。

強い日経に支えられ、評価損益+6,532円(+8.73%)と順調な滑り出しになってます。
11月頃から順調ですが、いつまで続くかな?

この記事では、dポイントだけで資産を増やすをコンセプトに、日興フロッギーの運用成績や、次回の投資対象について記事にしています。

なお、投資対象や投資タイミングはあくまで個人的な見解になります。
投資の際は自己責任にてお願いいたたします。

日興フロッギーとは…

最低100円から投資が出来る
dポイント(用途・期間限定も可)で投資ができる
とっても初心者向け!
そんなサービスになってます。

日興フロッギー
  • 少額から投資を始めてみたい
  • 実はdポイントをためている
  • 日本に住んでるから、日本に投資するでしょ!

上記が当てはまる方にはピッタリの証券口座になってます。
⇒無料で口座開設!!日興フロッギーの口座開設はコチラ

R3年1月の運用成績

R3年1月分の運用成績は下記になります。
※2021/1/27 15:00までの分で集計

新規投入:9,400 (dポイント:9,100、配当金:300)
総評価損益額:81,308円
評価損益:+6,532円
評価損益率:+ 8.73%

入金(dポイントの貯まり)が良く、総評価額10万円台が見えてきました。
早ければ4月ぐらいには10万円台乗りそうです。

下記は現在の保有銘柄です。

含み益+30%以上の銘柄が71銘柄中6個(8.5%)もあります。(緑色のセル)
含み益の銘柄数も、71銘柄中52銘柄(73%)もあり、日経の好調さがわかると思います。

ただし運用コンセプト上、含み損でないと買い増しができません。
嬉しい誤算ですが、少しぐらい下がってくれた方が面白みがでるんだけどね。

前回(R2年12月)からの変化点

今回は結構色々変化があります。

  1. 投資額:65,400⇒74,800 (+9,400)
  2. 投資銘柄数:42銘柄⇒71銘柄 (29銘柄)
  3. 売却:なし
  4. 追加:日経平均へ寄与度の高い銘柄、J-REITを中心に大幅追加

特徴的なことは、大幅な銘柄追加です。
一気に29銘柄増やしてみました。
(表にまとめるのがしんどかった…)

100円だけの少額投資が多いので、徐々に1,000円ぐらいまでは増やしたいところです。
特にJ-REITはまだ軟調なものが多いのです。
今のうちに株数増やしておくと、半年~1年後ぐらいがおいしいはず。

次回(R3年2月)-ナンピン予定の銘柄

2021/1/27時点のデータから、次回のナンピン対象を考えます。
今回も、-5%以上の銘柄をピックアップします。(オレンジのセル)

JAL(-10.0%)、エムスリー(-7.0%)、ソースネクスト(-6.0%)、オリンパス(-6%)の4銘柄が候補になります。

前回(2020/12/31)と比較すると、ローソンと日清食品の回復がみてとれます。
2社とも決算発表後、回復基調になった感じです。

JALは相変わらずのコロナの影響で株価は振るわず。
少し長期で見る必要がありますが、大底圏に落ちている今のうちに買い増ししておけばJ-RIET同様、半年~1年後ぐらいで復活してくるはず?!

ソースネクストはずっと期待している銘柄なんです、全くさえません。
私は見る目がないんだと思います。
無限ナンピンで取得単価を下げて、プラ転目指します。

その他の2銘柄については、その内回復するでしょう。
(銘柄分析してない)
来月まだ含み損であれば、こちらも買い増ししていくことにします。

次回(R3年2月)の追加銘柄の候補

上記は、保有株のセクター比率の表になります。
エレクトロニクス・情報通信関連がほぼ半分(48.8%)で、偏りが大きいです。
比率の少ないセクターの銘柄を追加して、少しバランス取っていこう思います。

ざっくりとした追加候補は下記になります。

  • 【運輸・公共】
      候補:日新、ケイヒン、九州旅客鉄道、ヤマトホールディングス
  • 【金融】
      候補:ウェルスナビ、ジャックス、FPG、ヒロセ通商
  • 【自働車・住宅】
      候補:大同メタル工業、デンソー、横浜ゴム
  • 【素材・資源】
      候補:バルカー、住友化学
  • 【消費財・小売り】
      候補:良品計画、J.フロント リテイリング

    参考URL:日本株高配当ランキング、参照日:2021/1/27

好きでやっているとは言え、保有銘柄が増えると表にまとめるのがちょっとしんどいですね。
来月も頑張ってまとめていこうと思います。